プロフィール

Clarinet

Author:Clarinet
Clarinet or クラリネット と申します。



pixiv number
circlems banner

FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
最新記事
【東方】風見幽香の時計
フラッシュアニメを見るにはプラグインが必要です。
画的起源
仁王立ちだZE★霧雨魔理沙
【東方】フランちゃんがブリ(゚∀゚)ハマチ
著作権表示
このブログ内で使われているファンタジーアースゼロおよびラグナロクオンラインの公式画像、スクリーンショットにつきましては、一切の画像の加工及び配布を禁止します。 以下ファンタジーアスゼロ・スクリーンショットおよび公式画像の著作権表示 ©2005-2009 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.Licensed to Gamepot Inc. 以下ラグナロクオンライン・スクリーンショットおよび公式画像の著作権表示 ©2004 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS),All Rights Reserved. ©2004 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

地震
DSC00478.jpg

めっさ揺れました


↓クリックで続きを読む

いやー、地震すごかったですね。

私は大学が冬季休暇に入っていたので、実家に戻っていたんですが・・・





ちなみに私の実家は 東北 です。




ええ。

なんてことありませんでしたよ。




たったの、震度5強 程度でした。

(副音声:死ぬかと思いました)









地震が午後3時前にあったんですが、タンスは倒れそうになるわ、テレビは台から落ちそうになるわ、本が全部本棚から落下するわ、食器が落ちて割れるわ・・・もう散々でした。

地震が起きた時私は室内にいたんですが、かろうじて歩けたので、窓まで行って即効開けて、丁度その隣にあったタンスを倒れないように押さえていました。

ちなみに、


これは一番駄目なパターンです


地震が起きたら窓ガラスなどが割れる危険があるので、窓から離れるというのは鉄則です。

あと、当然タンスなどの倒れやすいもののそばから離れるのも基本中の基本。

なのに私は、窓のそばでタンスを押さえていた という体たらくでした・・・

今思い返すと危なかったなぁ・・・と反省。







地震から2時間程した午後5時頃のこと。

あちこちで鳴り響く救急車と消防車のサイレンの音。

といっても、私の住んでいたところ周辺は大した被害は出ておらず、海からも大分離れた内陸です。

どうやら、他の市へ応援に向かう緊急車両のサイレンの音だったみたいです。






それでも私の家の周りでも、近所の傾斜させて露駐している車が倒れたりしてました。

そんなこんなで、とても車で買い物に行ける状況ではなかったので、町の被害状況を軽く確認がてら徒歩で買い物に行ってみました。




DSC00478.jpg

今日のトップ写真でもあるこれはその時撮った近所の家の屋根。

アンテナが地震でひん曲がってしまっています。

あと、この写真では分かりませんが、一部の屋根瓦が落っこちていました。

下にいて直撃されたりしていたら大怪我を負っていたかもしれません。










ウチの町の場合、今回一番まずかったのは、雪が降った次の日だったってことですね。

雪の片づけや、雪下ろしをしていた人が結構怪我をしたらしいです。




DSC00470.jpg

これは、近所の蔵の屋根。

見ての通り、かなりの高さがあります。









DSC00469.jpg

綺麗な切れ目を作って雪が雪崩のように落ちたらしいです。

この衝撃で、手前の電線のうち数本が負荷がかかって接触不良?になったらしく、東北電力の人が来てくれていて復旧作業をしてくれていました。

地震直後に気付かないで伸びたり切れたりした電線に触れていたら・・・と思うとこれまた恐ろしいですね。

あっちこっちでこの手の接触不良やら断線やらがあったらしく、所々の商店が停電になっていました。

まだ夜ではなかったので、家が停電になっているかは見た目ではわからなかったのですが、おそらく巻き込まれて停電になっていた家は多かったと思います。












DSC00473.jpg

屋根から振り落とされた雪が溜まっている様子。













DSC00475.jpg

こちらも落っこちてきた雪が溜まっている様子。

別に下に車庫とかがあったわけではありません。

この下にいたらまず間違いなく死んでいたでしょう。

実際、地震が無くても、例年2~3人くらいがこの落雪が原因で死んでいます。



両端の家の窓を見るとわかるのですが、雪国の家の一階の窓はほどんどの場合、このようなバリケードがつけられています。

防犯用につけるバリケードの上から鉄柵、もしくは木で作ったバリケードを取りつけます。

もしくは、二重サッシの強化ガラスになっています。

元々雪が多いので生まれた知恵ですが、そのおかげで落雪で窓が割れた家は殆どなかったみたいです。














DSC00471.jpg

パート3。

こちらは、駐車場があったところ?だったと記憶しています。














DSC00479.jpg

地震後も生き残っていたツララ。

長いものでは1m以上ありました。

でも、大部分は落下していて、これもまた下にいたら・・・と思うとガクガクブルブルでした。


しかしながら、雪国の人はそのあたり慣れっこでして、地震などが来たときは家の軒下から離れろ!と小学校でも習うらしいです。

むしろ、そういうのに慣れていない都会のほうで、地震にビックリして家から飛び出して落下してきた瓦や看板に当たって怪我をした・・・というニュースが散見されましたね。

地震が起きた時に建物から飛び出すのは危険です。















さて、いろんな人が外に出て惨状を確認していましたが、私の町は殆ど被害が出ないで済んだようです。

さすがに、地震で壊れた家とか建物をデジカメでパシャパシャ撮りまくるのは失礼だったので、この程度でやめておきました。

壊れている建物とかいくつかあったのですが、どれも深刻なレベルではなかったようです。


ちなみに、この後近所のスーパーに行ったんですが、蛍光灯が落下したらしく店員さんが入り口で来たお客さんに 「今日は中に入れられない」 という旨を話して謝っていました。

仕方なくさらに近所のコンビニに行ったんですが、皆考えることは一緒らしく、メチャメチャ混んでいました。

特にカップラーメンや缶詰等の保存食の売り切れる早さは異常でした。







そして今日にいたるわけですが・・・

余震 の頻度が半端ないです。

最初はニュースでも余震があるたびに震度を流していたんですが、そのうちあまりにも多いのでニュースで取り上げられなくなりました。

短い時は5分に一回、間隔が長い時でも30分に一回程度震度2~4くらいの揺れが襲ってきています。

体感できないレベルのものも含めるとその数はものすごいと思われます。

震度3~4クラスの余震だけでも、この二日ですでに20回前後体感しました。

ニュースによると、大きい余震は実際は30回以上起こっていたらしいのですが、寝ている時とか外にいる時は揺れても分からないので見過ごしていたようです。



普段関東地方に住んでいると、震度3くらいの地震ですら年に1回起こるか起こらないかでした。

関東で震度3とか4の地震なんて起きた日には、散々緊急地震速報を流した揚句、ニュースで特番が組まれ、第二次関東大震災の前触れか!?とか毎回やってましたけど、東北に来ると感覚が麻痺しますね。

まさしく、ロスでは日常茶飯事だぜ!! 状態。


もちろん、東北と関東では住んでいる人の数が全然違うし、企業などの数もまるっきり及ばないので報道の格差があるのは仕方ないと思いますけど・・・







いずれにせよ、いち早い救助と復旧が望まれますね。

これ以上犠牲者が増えないことを祈りつつ、今回の記事を締めたいと思います。

2011.03.12(Sat) | 未分類 | cm(2) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://puchorog.blog104.fc2.com/tb.php/190-4e8ea45b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
132. No title
ブログのほうは息してないけど
たまにみてるYO!!

無事でなによりです・・・
mkm | 2011.03.13 12:43 | edit
133. No title
>>mkmさん

汚い忍者はたまにブログを占領しますからね!| ゚U゚|つ

訪問ありがとうございます。

私の実家の方は東北とはいっても内陸だったので、全然大丈夫でした!

今回の地震は、mkmさんとか海に面している県の方が特に恐ろしい思いをしたと思います。

津波半端なかったみたいですね・・・(つД`)
クラ | 2011.03.13 15:19 | edit
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。