プロフィール

Clarinet

Author:Clarinet
Clarinet or クラリネット と申します。



pixiv number
circlems banner

FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
最新記事
【東方】風見幽香の時計
フラッシュアニメを見るにはプラグインが必要です。
画的起源
仁王立ちだZE★霧雨魔理沙
【東方】フランちゃんがブリ(゚∀゚)ハマチ
著作権表示
このブログ内で使われているファンタジーアースゼロおよびラグナロクオンラインの公式画像、スクリーンショットにつきましては、一切の画像の加工及び配布を禁止します。 以下ファンタジーアスゼロ・スクリーンショットおよび公式画像の著作権表示 ©2005-2009 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.Licensed to Gamepot Inc. 以下ラグナロクオンライン・スクリーンショットおよび公式画像の著作権表示 ©2004 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS),All Rights Reserved. ©2004 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

Thirty Second Drawing
DSC00482.jpg

Thirty Second Drawing


↓クリックで続きを読む

海の上や空の上といった広大な空間を移動する場合、現代では GPS 等の航空支援が不可欠です。

それが無くなれば、今自分がどこにいてどこに向かっているのかがまるっきり分からなくなります。




GPS.jpg

しかし、これらのハイテク機器は21世紀になってやっと出てきたアイテム。

それまでは、慣性航法 と言って、自分の進む速さと向かっている方位をコンパス等で測定・記録し、それを点と点でつなぐというやり方で船舶も航空機も運航してきました。

漫画の 『ワンピース』 じゃないですけど、昔の船の乗員に 『航海士』 が必須だったのはこのためです。

民間のジャンボジェット機にも、昔は・・・と言ってもつい20年ほど前までの割と最近までですが、『航空士』 という旅客機の現在位置・針路の測定や航法上のデータの算出をする仕事をする人が一緒に乗っていました。

船や旅客機の現在位置は、GPSではなく慣性計算の結果によって求めていたのです。

この方法には当然ながら問題点もあり、乱気流や荒波に遭うと速度や方位の記録がズレてしまい、自分の位置の把握がその都度おかしくなってしまいます。

昔の船は一度難破すると、自分の居場所がわからなくなり、永遠に漂流する羽目になったそうです。

映画や漫画・小説などではこのあたりの設定は常識ですよね。















少し進んで地図に点を打つ・・・また少し進んだら地図に点を打つ・・・を繰り返して進んでいるのに、最初からズレていたり途中でズレたりしたのでは、あらぬ方向に向かって行ってしまうのはあたりまえですね。


さて、この完璧な正確さが求められる点と線を頭の中 (機械の中) で正確につないでいく作業。

何かに似ていますね。



そうです。

イラストの線画 を描く作業と同じですね。


何もないキャンバスに自分の腕で線画を引いていき、進んだ距離を脳にフィードバックし、それを元に瞬時に次の描画点を目指す・・・この繰り返し。

描く速度にもよりますが、プロのイラストレーターの方だと 1秒間に数十回以上 も頭の中でこの計算をしながら線画を描けるそうです。

絵に慣れていない人の線画がグニャグニャしたり長さがメチャメチャになってしまうのは、この計算速度が全然間に合っていないからです。

頭の中にイラスト用の慣性航法装置が入っていないわけですね。



イラストレーターになるためにはこのフィードバック計算を瞬時に、かつ正確に行えるようにならなければなりません。

そこで、各種の練習支援ソフトがあります。

中でも有名なのが、Thirty Second Drawing です。










Thirty Second Drawing
ポーズ

このように、人体のモデル画が30秒だけ表示され、そしてすぐ次のポーズになって30秒・・・変化して30秒・・・を繰り返すというシンプルなサイトなのですが、イラストレーターの練習の登竜門として非常に有名です。

モデルを見た瞬間に線画とトーンに頭の中で分解する能力、それを素早く描画する能力 などなどが鍛えられます。

今日のトップ画は、この Thirty Second Drawing で遊んだときの写真です。
















DSC00482.jpg

最後に、描いたポーズ一覧をすべて表示させて見直しを出来るのですが、これは丁度それをやっているときのものでした。

右脳を効率的に鍛えられる 優秀なアプリなので、時間があるときは1日1時間程度遊ぶことにしています。

先ほどお話したような、イラスト描きの基本の動きである腕の動きをフィードバックさせて計算して反映させるような動作は、主に右脳が担当している作業です。

右脳は 『空間把握』 という芸術全般において最も基本的な能力をつかさどっています。


・・・と言っても、作業を担当することが出来るというだけなので、練習して鍛えなければほとんど何も出来ません。

この芸術関連の脳の修練は音楽などと一緒で、若いうちにやるほうが断然効果が出るそうです。

よく、絶対音感は7歳までに音楽教育を受けないと身に付かない と言われますが、あれと似ていますね。

イラストの勉強も、若いうちから始めないと大きく損をします。


ただ、10歳くらいから音楽の勉強を始めた子供でも、他人の何倍も努力したら絶対音感が身に付いた! という話も聞くので、勉強を始めたのが遅いからと言って悲観することはないようです。



Thirty Second Drawing のサイトにも、

引用>> 初心者の場合、短時間で数多くのスケッチを行うことで、スケッチを日常の一部にする癖をつけられるので、幼少時にあまり絵を描かなかった人も、経験不足を効率よく補うことができます。<<

という旨が書いてあります。

若い頃の修練の大切さを説いた上で、もし経験が足りないのなら10倍も20倍も努力しなさいよ! ってことですね。

私もその言葉を肝に銘じて、今日もレッツ・クイック・ドローイング・・・
































今日のおまけ♪




SNSで、今日の写真の中央にいた赤いモンスターは何者!? とご質問があったのですが、あれは妹が高校の修学旅行のときにくれた沖縄のお土産でした。

2011.03.14(Mon) | イラスト | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://puchorog.blog104.fc2.com/tb.php/191-2fb5ee71
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。