FC2ブログ
プロフィール

Clarinet

Author:Clarinet
Clarinet or クラリネット と申します。



pixiv number
circlems banner

FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
最新記事
【東方】風見幽香の時計
フラッシュアニメを見るにはプラグインが必要です。
画的起源
仁王立ちだZE★霧雨魔理沙
【東方】フランちゃんがブリ(゚∀゚)ハマチ
著作権表示
このブログ内で使われているファンタジーアースゼロおよびラグナロクオンラインの公式画像、スクリーンショットにつきましては、一切の画像の加工及び配布を禁止します。 以下ファンタジーアスゼロ・スクリーンショットおよび公式画像の著作権表示 ©2005-2009 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.Licensed to Gamepot Inc. 以下ラグナロクオンライン・スクリーンショットおよび公式画像の著作権表示 ©2004 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS),All Rights Reserved. ©2004 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

ミニガン (M134) のお話
ミニガン

ミニガンの反動のお話


↓クリックで続きを読む


ミニガンといえば、映画 プレデター に登場して一躍有名になった兵器ですね。


その他にも、後のいくつかの映画で使われておりました。




ミニガンこと M134 ガトリング砲 は、アメリカのゼネラル・エレクトリック社が開発した高性能電動式ガトリング銃です。


この銃は、映画などで人間が抱えて運用していたため、その印象が強いのですが、実際には歩兵が個別運搬・制御出来るサイズではないそうです。


そのあたりのフィクションとの違いの部分が、しばしば掲示版などで論争の種になっていたりもします。


では、実際にミニガンを発砲すると、どれくらいの 反動 が発生するのでしょうか?


簡単な計算をしてみたいと思います。









7.62x51弾

ミニガンから発射される 7.62mm弾 は、その太さもさることながら、弾の全長も約7cm近くもあり、単三電池よりも大きいという驚異のサイズを誇ります。


重量は9.5gですが、発射速度は マッハ2.5 にも達するので、その破壊力、および反動は凄まじいものになります。


ご存知の通り、銃から発射される弾の速度は銃の種類にはあまり依らず、弾の火薬の量に大きく左右されます。


もちろん、ライフリングが異様に長い狙撃銃などから発射したり、極端に短い砲身の銃で発砲した場合はこの限りではありませんが、特異な場合として除外します。





ミニガンの弾である件の7.62mm弾のカタログスペックでは、初速は秒速840m (マッハ2.47) となっています。


弾頭重量 (質量) は9.5gですから、ニュートン力学より、発射された瞬間の弾の持つ運動エネルギーは質量の半分に速度の二乗をかけたものに等しくなるので、


1/2 × 0.0095 × 840 × 840 = 3352 [J]


となります。


これは、発射された弾一発が持つエネルギーです。


ミニガンの発射速度は、映画などでは毎分6000発!などとふれ込みがありますが、実際は毎分2000~4000発だそうです。


間を取って、毎分3000発発射するペースで射撃したとすると、単純計算で1秒あたり50発撃つことになります。


一発のエネルギーは先ほど求めた通り、3352 [J] ですから、50発ならばこの50倍で 167600[J] となります。


つまり、ミニガンを撃つと1秒当たり 167600 [J] という反動エネルギーが射手を襲うわけです。




(※実際は発射に使われたエネルギーのうち、何割かは熱や音に変化しているので、弾の発射エネルギーが全て反動に変わっているわけではないのですが、今回はわかりやすく、全て反動エネルギーに変わったと仮定して計算しました)








・・・と言っても、数字じゃ全然実感が湧きませんよね。


参考までに、日本で流通している軽自動車の重量は大体700kg~1000kg程度です。


仮に一番重い1000kgだとすれば、この車が 時速66km で運動すれば先ほどの 167600 [J] とほぼ同じ運動エネルギーを持ちます。


時速66kmと言えば、国内の殆ど全ての一般道の制限速度を軽くオーバーしています。


こんな速度で走っている車が1秒で止まるような急ブレーキをかけたなら (殆ど事故ですが)、間違いなくエアバックが作動するでしょう。


ミニガンの射撃反動はそれと同じなのです。


いかにミニガンの反動が凄まじいのかがすぐわかりますね。








これほどの銃器は当然ながら歩兵クラスでは運搬ができません。


実際は、銃本体とバッテリーなどの周辺機器 (ミニガンはモーター駆動なので) そして弾などを合わせると、重量が 100kgを軽く超える らしいです。









またしても物理の話になりますが、たとえば射手の体重が装備などを付けた状態で100kgだったとしましょう。


ミニガンと合わせれば大体200kgくらいになります。


体重200kgの物体が、ミニガンを撃つと、反動から発生する凄まじい運動エネルギーによって、この物体は反対方向に吹っ飛んでいきます。


200kgなら、計算上は1秒後には 秒速41m → 時速147km まで加速します。


もちろんこれは、摩擦が無ければ・・・の話ですが、そうでなくても射手を反動で転倒させるのには十分過ぎる反動力です。


単三電池よりも大きな鉄の塊を、マッハ2.5で毎分3000発も発射すればそうもなりますよね。









これは、ミニガンの射手がどれだけ屈強だったとしてもどうしようもない問題です。


射手の体重が1000kgとか2000kgとかいうあり得ない巨漢でもない限りは、固定しない状態でミニガンは撃つことが難しいのですね。




実際の運用では、ミニガンは主にヘリやハンヴィーなどの車両に固定して使用されます。


これらの車両は当然ながら人間よりも何十倍も重いので、反動で転がったりするようなことはありません。


しかしながら、ヘリなどで地面に固定されていない状態でミニガンを発砲すると、ヘリが反対方向に少し流されたりするんだそうです。









ブラックホーク

例えば、映画 ブラックホーク・ダウン で有名な強襲用ヘリコプター UH-60 ブラックホーク は、運用時重量が10トン近くあり、先ほど計算した200kgの兵士の50倍の重量があります。


それほどまでの重量を持ちながら反動で流されたりするというのは、恐ろしいですね。











と・・・大分夢の無い計算をしてしまいましたが・・・


ミニガンと言う兵器がいかに化け物なのかが改めてわかりました。


しかしながら歩兵単品で運用出来ないとはいえ、やはり凄まじい威力を誇り、見た目の派手さも相なってフィクションの世界ではこれからもこの手の兵器が大活躍していくでしょう。


そういう武器の派手さや演出なども映画の見所の一つだと思います。


























今日のおまけ♪




※もしも見れない方はコチラ→ようつべリンク (新しい窓で開きます)


実際にミニガンが発射されているシーン。

弾の発射速度があまりにも速すぎて、ビーム兵器みたいになっちゃってます・・・

この一発一発が、時速3000km以上で飛んでいる単三電池よりも大きな鉄の塊だと思うと・・・ゾーっとしますね;

2011.04.20(Wed) | 心理学・小話 | cm(3) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://puchorog.blog104.fc2.com/tb.php/212-9daf9adf
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
136. 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2011.05.19 17:24 | edit
143. No title
>>とても素晴らしい情報をありがとうございました!
記事の材料に使わせて頂きました。
遅れまして申し訳ありませんでした。
クラリネット | 2011.09.23 14:20 | edit
170. No title
恐ろしい兵器っっっ!!!
ゲスト様 | 2013.09.08 11:33 | edit
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。