プロフィール

Clarinet

Author:Clarinet
Clarinet or クラリネット と申します。



pixiv number
circlems banner

FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
最新記事
【東方】風見幽香の時計
フラッシュアニメを見るにはプラグインが必要です。
画的起源
仁王立ちだZE★霧雨魔理沙
【東方】フランちゃんがブリ(゚∀゚)ハマチ
著作権表示
このブログ内で使われているファンタジーアースゼロおよびラグナロクオンラインの公式画像、スクリーンショットにつきましては、一切の画像の加工及び配布を禁止します。 以下ファンタジーアスゼロ・スクリーンショットおよび公式画像の著作権表示 ©2005-2009 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.Licensed to Gamepot Inc. 以下ラグナロクオンライン・スクリーンショットおよび公式画像の著作権表示 ©2004 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS),All Rights Reserved. ©2004 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

雷皿♂ (ライサラオス)


   _▲_   _▲_ †_▲_ ._▲_   _▲_
    ( 'A`)  .( 'A`) .ヽ('A`)丿 ('A` )  .('A` )
    †ノ雷し  †ノ雷し    雷    †ノ雷し  †ノ雷し 
    ≫≫    》 》      《 》   《 《    ≪≪
   """"〝〝"""〝〝"""゙〝〝"""〝〝"""〝〝""""""""" " """"


雷皿♂から振り返る5年前のFEZ


↓クリックで続きを読む

FEZ関連のネタ動画には必ずと言っていいほど登場する雷皿♂。


雷皿♂、ライサラオス とか呼ばれることもありますが、これはオンラインゲーム ファンタジーアースゼロ の男×雷ソーサラーさんのことを指した名前です。







時はさかのぼり、今から5年以上前の2005年。


FEZでは正式稼働前のβテストが繰り返されていました。


当時はまだウォーリアー、スカウト、ソーサラーの3職しかなく、またスカウトを使うにあたって弓スキルを選択する人が極端に少なかったため、事実上遠距離攻撃を使える職業はソーサラーだけでした。


中でもソーサラーの 雷系列のスキル (ジャッジメントレイ等) は、ソーサラースキルの中でも最長射程を誇り、弓スカさんが全くいなかったということもあり、一方的に全ての相手を射程外からボッコボコにすることが出来ました。


しかも初期の雷魔法は、その長射程もさることながら、威力もビックリするくらい強かったので (今で言うヘルファイヤ感覚) テストサーバー中がソーサラー、ひいては雷皿であふれかえることになってしまったのです。


もちろろんこんな状態が長く続くわけも無く、テスト鯖の悲しさか、すぐにメンテが入って雷スキルは大幅に弱体化修正が施されました。













そして時は流れ、2月某日、FEZは本格稼働を開始しました。


(・・・あんまり関係ない話ですが、私はこの日サービス開始時間にゲームインストールが間に合わず、夜中の3時くらいに初めてゲームに入れた・・・という悲しい目に遭いました・・・トホホ)



RoD時代 (初期のFEZの副題) からFEZをやっていた方なら憶えていらっしゃると思いますが、開始当時はウォリアーとソーサラーが超絶に強く、どこの戦場もこの2職のぶつかり合いと言う構図になっていました。


どれくらい強かったのか、一例を思い出してみますと・・・




たとえば、ウォリアー。


今では絶対につながらない ストライクスマッシュ → ヘビースマッシュ のコンボがつながったりしました。


あと、今みたいな中距離スキルこそなかったものの (ブーンは当時からありましたけど)、ドラゴンテイルに吹き飛ばし効果がついていて、ウォリが集団で突っ込んできてドラテを連発されると吹き飛ばされまくって何も出来なくなることもしばしば。


バッシュの効果時間、クランブルの範囲、ストスマの距離・・・etcetc


どれをとっても今よりも数段上の性能でした。


そして極めつけは、凍結状態でもストスマやドラテで普通に移動可能でした


凍ったまま ピューーーンピューーン と飛べました。


当然、凍ったウォリにスカでブレイクを入れに行ったりする行為は自殺行為でした。










次にソーサラー。


まずは何と言っても、カレスの凍結時間が10秒以上あったことでしょう

(初期は10秒以上 → メンテで9秒 → 7秒 → 現在は5.5秒)



耐性が付いてしばらく凍らなくなる・・・っていう今ではあたりまえの設定もなかったので、前線はまさに凍結オンラインでした (スピードダウン効果こそなかったですけど・・・)。


ウォリは前述の通り凍ってもストスマで移動できたので、凍結時間が長かろうがたいして問題ではありませんでしたが、スカとかは前線で凍ったらそのままオダブツでした・・・


ヘルファイアも威力、DoT共に今よりも性能が上でした。


特にDoTは 48 × 5 = 240 ダメージ と、ドラゴンも真っ青の威力でした。

(ドラゴンのブレスのDoTは 60 × 3 = 180 ダメージ。もちろん、それでも超強力)


レベル差が10くらいあると、スカ相手でも直撃ダメージが300~400くらいでたので、カレス → ヘル の黄金パターンでHPが7割くらい飛びました。


(当時は今みたいに職の有利不利でダメージに変化殆どありませんでした。また、課金服もなかったので、レベル=防御力だったため、10レベルも離れると絶望的でした)


もちろん、最初のテスト鯖の時と同じパターンで、こんな状態が長く続くわけもなく、メンテで次々とウォリと皿さんは弱体化させられていきました。














続いてはスカさん。


他の二つの職業が圧倒的だったため、その影に隠れがちな職業でしたが、決して侮れない職業でした。


たとえば、その当時は ヴォイドの暗闇時間が1分 だったり、アローレインの射程が今よりも格段に長かったり、アームブレイクの効果時間も長かったり・・・ウォリや皿を相手にしてもそれなりに戦える職業でした。





しかしながら・・・


ハイドの仕様が今と違ったため、消えた状態でもバレバレ・・・。


ガドブレ・パワブレも今よりも段違いに弱性能だったので、基本ブレイクはアムブレ一択状態。


ウォリにガドブレいれても → 「ん? ダメージ1割くらい増えた?」

サラにパワブレても → 「それがどうした!! 喰らえ! ヘルファイヤ!!」

・・・南無阿弥陀仏 (-∧-;))


前述のようにヴォイドはまあまあ強かったのですが、逆にそれが原因で 『前線にハイドで行く → 敵陣に突っ込んでヴォイドをまく → 即死』 という 『片道ヴォイド』 が横行 (今で言う片道パニみたいなもの)。


弓は今よりも射程が若干長く、全体的にそれなりでしたが・・・


当然ピアの射程も長かったわけで・・・ピア坊が大量に・・・(恐ろしくてこれ以上は書けません)


・・・etcetc



まあ、今日の記事の趣旨は昔のスカウトさんの性能についてではないのでこれくらいにしておきます。



(古参ユーザーの間に 『スカウト = 弱職』 みたいな等式が染みついてるのはこのあたりが原因です。

もちろん、現在のスカウトさんは後述のように強化メンテの連発で大分まともな職業に落ち着きました)








その後は、他の2職と違って強化メンテが多かったスカさんでしたが、各種ブレイクの大幅強化などもあって、今でも初期の設定どおり、テクニカルな職業として上手くまとまっていると思います。


まあ、いきなりブレイクの性能が4倍近くになったり、全職業でスカウトだけが対抗職にダメージ補正2倍とか・・・あまりにもやり過ぎメンテが連発されたため、それはそれで話題になりましたけど (いろんな意味で)。



逆に言えば、それだけ元の性能が・・・ry



















さて・・・今日の本題


当時の雷皿さんはどうだったのか? というお話に・・・


雷スキルは、前述したとおりβテストのときは非常に強かったのですが、正式サービス開始前に大幅な弱体化を施され、ほとんど見る影もない微妙スキル群と化していました。


特に、雷皿のメインスキルであるジャッジメントレイはハッキリ言ってひどいの一言でした。


今でこそ3HITスキルであり、コケられるとかなりダメージが無駄になってしまいますが、当時のジャッジは 5HITスキル だったので、この部分の微妙さがさらに際立っていました。


5HITもするんだから強いじゃん! って思いますが、5HIT全て命中してやっと今の3HITと同じダメージだったのです。


当然、5HITも悠長に全部喰らってくれる人などおらず、大概は1発目を喰らった瞬間にステップされて2~3HIT止まり・・・さらに酷いと1HITしかしないで終わり・・・という状況が散見されました。


正直、PW82も使って撃つスキルとしては使いにくさが目立ちました。


その上・・・このスキルは 味方のバッシュを完全に潰しました


今でこそ3HITという多段HITスキルなので、バッシュした相手にはいれないで~! とか言われるジャッジですが、バッシュした相手に5HITもするスキルをいれたらどうなるか・・・


そして、5HIT全部したとしてもトータルで200ダメージちょいしかでなかったので、PW82も使っておきながら、スマッシュ1発にも劣りました。


他の職業や、他の皿タイプが今よりも格段に強かったのも雷皿にとっては逆風でした。


その上、当時の平均パソコンスペックは今よりも大分低かったため雷スキル特有の地面指定撃ちが非常に当て辛かった・・・というとどめの一撃も。


たとえ自分のPCが高性能であっても、相手のPCのスペックが低いと・・・南斗翔天拳!!

(戦場の半分くらいの兵士たちがジョーカー様・・・というカオス状態で地面指定スキルを当てろ! って言われてもねぇ・・・。無理ゲーです)


よくわかる解説

(平成教〇委員会風。新しいウィンドウで開きます)












・・・といった数々の微妙性能から、弱いって分かってるのにあえて雷皿を選ぶ人はドMなんじゃないのか? という風潮に。


事実、動画サイト等で自分があえて雷皿を選んでいることを自虐ネタにしている人も沢山いました。


しかも当時は スキルリセットなど無く 、さらには レベル40にならないとスキルを全部とれない (今はレベル35で全て取れます) というのもあり・・・


その上、レベル40までの道のりが今よりも格段に長かった のと、1キャラ作るたびに3~5000円払う必要があった (キャラを作るためにはパッケージセットを買う必要があった。しかも今みたいに1垢につき3キャラとかいう有情は無く、1垢につき1キャラのみ) ために、一度雷皿!! と決めて作ってしまえば、他の系列のスキルを取ることもできず、スキルリセットもできず、新キャラを作るわけにもいかず、ずっと雷皿として生きていくしかありませんでした。




今だったら、速攻でスキルリセットや職リセットして別の楽しみ方を模索するでしょうが、前述の通り、それらはほぼ不可能だったのです。


そこで・・・あえて雷皿であることを楽しもう! という風潮が生まれたわけです。



そうして、前述の ドM というキャラと (大概はただ単にエロイキャラとして扱われる) 、当時座り方のグラフィックがおかしかった♂皿さん (足が折れているように見えた) をかけて、雷皿♂ というキャラクターが生まれたのでした。



雷皿♂と書いて ライサラオス と、どこかのRPGゲームのボスキャラみたいに読ませるところがポイントです。


登場してもう5年近くになる雷皿♂君ですが、今日も掲示板で変態コメントを書き込んだり、画像掲示板でハァハァしてたりと大活躍です☆


正直、雷皿♂のようなネタキャラ兼和みキャラがいなければ、バリバリの対戦メインのゲームであるFEZは数年で殺伐とした他のキル取りゲームと同じ末路を辿っていたかもしれません。


それを食い止めているという点で、雷皿♂は非常にFEZに貢献してきた存在なのかもしれませんね。


あと、格段にスキルの命中性能が悪かった当時の雷皿出身の人は、その後のアップデートで命中率の大幅上方修正 (範囲の増加、貫通性能等) もあって、今では偏差撃ちのプロフェッショナルとなっていることも多く、上級プレイヤーの中には雷皿出身の人も結構いたりします。


いずれにせよ、5年が経った今でも当時の知り合いの人などに会うとこの話で小一時間盛り上がったりします。



















私がFEZと知り合ったきっかけは、5~6年前くらい?に友人が見せてくれたスクエニのプロモーション動画がきっかけでした。
(当時はエニックスと名乗っていました。&私はSO2の影響でエニックス信者でした)


昔のプレステのソフトには、たまに本編のゲームとは別に宣伝用のディスクが同封されたりしていました。
(超余談ですけど、この手のおまけソフトってモンスターファームでレアモンスターが出やすいんですよね~・・・って関係無さ過ぎました;)


最近のプレステ2やプレステ3でもたまについていますよね。


その中に、FEZの紹介動画が入っていたわけです。


当時、パソコンを買って間も無かった私は、速攻でテストプレイに応募し・・・


そして今にいたるというわけですね。






その当時、私が見たプロモディスクの内容がそのままようつべにありましたので埋め込ませて頂きました↓




今でこそイラストを勉強し始め、多少イラストレーターの先生の方などの知識もありますが、この当時はまだ学生のペーペーで、FEZのイラストの凄さがわかっていませんでした。


FEZの初期のグラフィック絵は、オーディンスフィアなどの美麗なイラストで知られる神谷盛治氏 (ヴァニラウェア所属) がほとんど全て描いていらっしゃいます。











早いもので、FEZも正式稼働からもう5年ちょっとが経ちました。


このままの勢いで、一気に6周年まで行きたいですね!



相変わらず文字ばかりでごめんなさい;


今回はこの辺で (〃▽〃)ノシ

2011.04.29(Fri) | FEZ | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://puchorog.blog104.fc2.com/tb.php/216-a6e8687e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。