プロフィール

Clarinet

Author:Clarinet
Clarinet or クラリネット と申します。



pixiv number
circlems banner

FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
最新記事
【東方】風見幽香の時計
フラッシュアニメを見るにはプラグインが必要です。
画的起源
仁王立ちだZE★霧雨魔理沙
【東方】フランちゃんがブリ(゚∀゚)ハマチ
著作権表示
このブログ内で使われているファンタジーアースゼロおよびラグナロクオンラインの公式画像、スクリーンショットにつきましては、一切の画像の加工及び配布を禁止します。 以下ファンタジーアスゼロ・スクリーンショットおよび公式画像の著作権表示 ©2005-2009 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.Licensed to Gamepot Inc. 以下ラグナロクオンライン・スクリーンショットおよび公式画像の著作権表示 ©2004 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS),All Rights Reserved. ©2004 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

Soul Spike,Deck
魂の撃ち込みデッキ(ブログサイズ)

魂の撃ち込みデッキ


↓クリックで続きを読む

前にアスマディのイラストを描いた時に作った多色用テンプレがあったので、少しいじって全色に対応するようにしてみました。


せっかくだったので、それを使ってデッキ紹介画像を一つ作ってみました。


根幹はマジックオンラインクラシックで今流行している Soul Spike,Deck です。


特定の手札を引けると、先手1ターンキルはおろか、後手0ターンキルですら理論上可能な有名な超高速型のコンボデッキです。


本来の必須カードにプラスして、陰謀団式療法と絵描きの召使などを加えて自分流にアレンジしてみました。












このデッキで後手0ターンキル (Turn Zero Kill) をするのに必要な手札は以下の5枚。



1.宝石の洞窟 (Gemstone Caverns)


2.暗黒の儀式 (Dark Ritual)


3.納墓 (Entomb)


4.浅すぎる墓穴 (Shallow Grave)


5.闇の旋動 (Spinning Darkness)


その他2枚 (なんでもOK)









やり方は以下のとおり。


まず、先攻後攻決めであなたが後攻を得ます。


続いて、マリガンチェックの後、第0ターンのうちに 『宝石の洞窟』 のセットを宣言します。


上記のキーカード5枚以外の1枚を手札から追放して、運勢カウンターが乗った状態で宝石の洞窟を戦場にセット。


以上の処理が終わると、相手の第1ターンが開始。


相手のアップキープステップにこちらにも優先権がもらえるので、そのタイミングで手札の 『暗黒の儀式』 のプレイを宣言し、場に出してある宝石の洞窟から黒マナを支払う。


発生した黒3マナのうち、黒1マナを使って 『納墓』 をプレイ、自分のライブラリーの中から 『アカデミーの学長』 を指定してそれを墓地に落とす。


残りの黒2マナを使って浅すぎる墓穴をプレイ、先ほど落としたアカデミーの学長を場に戻す。


(この時点で貴方の墓地には、暗黒の儀式・納墓・浅すぎる墓穴 の黒のカードが3枚落ちています)


手札にある 『闇の旋動』 を代替コストでプレイし、アカデミーの学長に3ダメージを与えて墓地に落とす。


学長のPIG能力が誘発するので、ライブラリーから 『ヨーグモスの取り引き』 を戦場に出す。


後はライフを支払ってヨーグモスの取り引きで大量ドローし、その中に含まれる 『魂の撃ち込み』 を他に引いた黒のカードを代替コストに充ててプレイ、対戦相手のライフを吸う。


吸ったライフをさらにドローに充てて、上記の手順を繰り返す。


魂の撃ち込み4枚だけでは相手のライフを吸いきれないので、コンボの途中で手札に来た 『Elvish Spirit Guide (エルフの指導霊)』 を手札から追放して緑マナを出し、『有毒の蘇生』 をプレイして墓地に落ちた魂の撃ち込みを再利用。

(最悪、緑マナが無くても2点ライフでプレイ出来るので都合が良いです)



最終的に、魂の撃ち込みが合計5発決まれば対戦相手のライフ20点を吸い尽くせる。




・・・以上がこのデッキのコンボになります。
















その他



このデッキを使うにあたって、いくつか注意点があります。


まず、上記の最高の手札であっても自分が先攻になってしまうと意味がありません (宝石の洞窟をカウンター付きでセット出来ないため) 。


そのため、最良の初期手札以外の2枚の内一枚は 『沼』 のようなアンタップインで黒マナが出る土地か、『水連の花びら』 のようなマナアーティファクトであることが望ましいです。


その場合は、自分が先手でも1ターンキルが可能です。


また、水連の花びらは自分のメインフェイズにコンボを開始した場合、コンボ中にすぐプレイしてマナを供給出来るので、その点でも非常に使い勝手が良いです。













『陰謀団式療法』 について。



陰謀団式療法も非常に重要なカードです。


相手の妨害に使えるのはもちろん、学長を墓地に落とすのにも使えますし、何より 『ヨーグモスの取り引き』 を手札に引いてしまった場合、それを墓地に落とせます。


そのままヨーグモスの取り引きを 『有毒の蘇生』 を使ってライブラリーに戻せば学長コンボが可能になるので、事故防止の意味合いもあります。


特にヨーグモスの取り引きが使えるフォーマットでは大概このカードは1枚制限になっているので、デッキに1枚しかないヨーグモスの取り引きを引いてしまうとかなり致命的です。


陰謀団式療法はその事故のリカバリにも使える上に、相手の妨害や学長を場から墓地にも落とせるため1枚で3役こなしてくれる貴重なカードです。




普通、黒のコンボデッキの対戦相手を妨害する手段としては 『脅迫』 などが選択されますが、このデッキに限っては陰謀団式療法の方が使い勝手が広いです。


ヨーグモスの取り引きを手札から墓地に落とすためのお守りとしては、他に 『思考囲い』 が挙げられますが、こちらは相手を妨害する手段としては優秀ですが、学長を場から墓地に落とす用途には使えませんし、2点のライフロスが以外と痛いので (単純にドローが2枚減ってしまう) あまり相性が良くありません。


同様の理由で、コンボデッキ御用達のデッキ圧縮手段である 『ギタクシア派の調査』 や 『通りの悪霊』 『フェッチランド』 などのライフを消費するカードもこのデッキには少し入れづらいです。


ただ、通りの悪霊に関しては黒のカードなので闇の旋動のコストにも充てられるため、一概には言えません。




なお、『脅迫』 は、そもそも自分を対象に取れないので、事故防止の用途では使えません。

















『絵描きの召使い』 について。



このカードもかなり大切なカードであり、これが戦場に出れば土地を含めた全ての手札のカードと墓地のカードを黒にすることができ、『魂の撃ち込み』 や 『闇の旋動』 の代替コストを簡単に支払うことが出来るようになります。


このデッキはコンボがある程度進んだ後、魂の打ち込みをプレイしたいんだけど黒のカードが手札に足りなった挙句、ライフも足りず手詰まりになる・・・というパターンに陥りやすいので、それを緩和してくれます。


ただ、この場合は絵描きの召使い自体に闇の旋動を撃ってライフ回復・・・という動きは出来ないので、その点では一長一短です。


同様に、先に絵描きの召使いを戦場に出してしまうと、アカデミーの学長にも闇の旋動を撃てなくなってしまうのでプレイするタイミングに注意が必要です。
















さらにその他のそのまたその他として、このデッキの安定性を高めるために定番中の定番の 『吸血の教示者』 をなどのサーチカードを入れてみるのも良いかもしれません。


ただ、上の方で説明したデッキ圧縮手段の常連である 『ギタクシア派の調査』 や 『通りの悪霊』 『フェッチランド』 などと同様に、リソースとしてライフを要求されるので、仮にコンボが決まったとしてもその後のドロー出来る枚数に影響してしまい、コンボ自体の安定性が落ちてしまいまうというデメリットがあります。


たった1点や2点のライフなので大した問題ではない気もしますが、意外とこの数点が大きくなる場合もあり、油断は出来ません。




実際、同じようなコンセプトの 『ヨーグモスの取り引き』 を使ったコンボデッキである 『ピットサイクル』 などでは、アカデミーの学長を墓地に落とす手段として良く 『高級市場』 が採用されていました。


普通に考えれば、同時期に使えた 『ファイレクシアの塔』 のほうがマナを作り出す分便利なはずなのですが、1点ライフを生み出す高級市場を採用したタイプのピットサイクルの方が大会の上位に食いこんでいるケースが多く見られました。


もちろん、ファイレクシアの塔は伝説の土地なので対消滅が痛いなどのデメリットもあったのでしょうが、それを置いて考えてもこれは中々興味深い事実です。







青を足して 『神秘の教示者』 のようなサーチカードを入れるのも中々良さそうですが、神秘の教示者自体があらゆるフォーマットで禁止・制限されているので、注意が必要です。


(・・・といってもこれは、吸血の教示者やヨーグモスの取り引き等についても一緒なんですけどね 。・゚・(ノ∀`)・゚・。)










なお、「後手0ターンキルも可能」 と何度か書きましたが、第0ターン (マリガンをしたり力線などをだしている間) では絶対にプレイヤーに優先権 (呪文・能力をプレイ出来るタイミング) は発生しないので、たとえどんな素晴らしい初期手札であろうとも相手を倒すことは出来ません。


そのため、言うなれば 『0.5ターンキル』 と言った方が正しいかもしれません (対戦相手の第1ターンの途中で勝利するため)。


しかし、後攻プレイヤーが相手のアップキープ中に即死コンボを叩き込むことは俗に0ターンキルと呼ばれており (自分の第1ターンが回ってこないうちに勝利するため)、呼び方の点では問題ないと思われます。


(別に相手のアップキープステップ以降にコンボ開始しても問題ありませんが、相手のメインフェイズ以降だと反撃されたり妨害されたりする危険性が高まるので、後攻0ターンキルが可能な手札を握っている場合は相手の最初のアップキープステップ (最も最初に優先権が発生するステップ) の間に倒してしまうのが最適とされています)




















・・・さて、またしてもダラダラと駄文を並べてしまい申し訳ありませんでした 。・゚・(ノ∀`)・゚・。


これで一通りこのデッキについてのお話は終わりです。


今回はとりあえず自分で作ってみたテンプレを利用したテストみたいなものなので、次回以降また余裕があれば何かしらのデッキ紹介でも制作してみようと考えております。


もしよろしければ、またお付き合いくださいね (〃▽〃)ノシ

























Zzz・・・

今日は制作で疲れたので、これにて眠りにつかせて頂きます (´д⊂)‥ハゥ

2011.07.08(Fri) | MTG関連 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://puchorog.blog104.fc2.com/tb.php/233-a31d4df2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。